エリート/Chinozo

Chonozo 歌詞 考察
Today:35 hit、Yesterday:9 hit、Total:401 hit

Best : 1 , Updated:

エリートのラストの

「だりぃから考えるのやめ」は、

「考えるのが面倒だから、これからも優等生で居続ける」

「優等生でいることがだるいから、優等生の自分を捨てる」

のどちらだと思いますか?

コメント欄にてアンケートしてます!!よろしくお願いします.

にこり.@笑梨


Flag post / Block



「考えるのが面倒だから、これからも優等生で居続ける」→

にこり.@笑梨
Flag Link


「優等生でいることがだるいから、優等生の自分を捨てる」→

にこり.@笑梨
Flag Link


「その他」→
その他の意見の場合はコメントしていただけると嬉しいです!!


にこり.@笑梨
Flag Link


1個目の意見?と似ていると思うのですが
全体的に歌詞を見ると
自分が常識に忠実で世の中に溶け込みすぎたあまり、世の中のレールに引かれた人生を歩いているようで心の奥底では引き目を感じている?のかな
と思いました。
「だりぃから考えるのやめ」の前の歌詞が「優等生 生 生」なんですけど
上記の考えが心の奥底にあって
生きる意味とか生きてる心地とかが曖昧になっている
でもそれを深く考え出したら「優等生」で居られなくなる気がして考えるのをやめとしているのかなーと思いました…
自分の意思を見て見ぬふりしているような…
あくまでも私的な考察です…!
めっちゃ語彙力無いです…ごめんなさい🙏


xIvxoln
Flag Link


ArutEa,,様
ありがとうございます!!
なるほど...!
参考になりました!


にこり.@笑梨
Flag Link


コメント失礼します。
考えるのが面倒だから優等生を貫くに投票したものです。
この意見に変わりはないのですがひとつ…

直前の歌詞の“生生生それは何何何”と言う歌詞、ここで突然“優等生”では無く“生”と言う文字のみに変わります。
その“生”という文字は生きる。つまりは自由に生きている人生…
それはルールを守る優等生でいた主人公には程遠いものだった。だから何?とひたすら問いかけてもわからなかった。そして自分は優等生として自分を捨てていくから“考えても意味ねぇや”と思考放棄辞したのではないのでしょうか。

あとはおまけみたいなものですが、“だりぃ”ってあんまり綺麗な言葉ではないですよね。少なくとも優等生が言う言葉ではない気がします。
つまり、優等生として生きる道を選んだ主人公も完璧な優等生ではない。そういう矛盾をchinozoさんはわざと作ったんじゃないかなと思いました。

結論、chinozoさんの曲最高!!!(?)


長月チョコ@熊猫の耳
Flag Link


返信遅れてすみません!!
なるほど、言葉遣いもポイントなんですね!
参考になりました!ありがとうございます!


にこり.@笑梨
Flag Link


もう上記の方に自分の言いたいことは言われてるので、ほとんど似たようなこと言うんですけど、
その歌詞の前に「生 それは何」(歌詞を書くことは違反で、このサイトは違反かどうかわからないので、念のために歌詞はぼやかしています)という歌詞があるので、自分は「生とは何か」を考えるのがだりぃからやめたという考察もしてます…!表(皆の前)ではいい子ちゃんだけど、エリートの歌詞はずっと内心を綴っているので、裏(一人の時)はずっと悪い子…というかグレたような気持ちなのかなーって…?まぁ典型的な病みと同じですかね。。
グレたと思ったのは、一番の歌詞に「~でバカを叩き笑う」とあるので元からぐれてるか心は優等生ではない…という感じに思ってます!
「郷の中で」は心の中という解釈です


orehaziyuudaze
Flag Link


郷の中=心の中と考えるとしっくりきますね...!!!
回りからは優等生、
中身は優等生じゃない。
参考になりました!!ありがとうございます!


にこり.@笑梨
Flag Link


You must be logged in to comment : Sign in


2 googleアプリストアで入れたアプリは、どこで反映されますか?
にこり.@笑梨

親に秘密でgoogleアカウントを作りました。 それで、googleアプリストアで入れ...